大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

東京の某中堅タクシー会社に50代で転職した仕事を楽しんでる側=タクシー向きドライバーのブログ。

【雑感ノート】壇蜜と「カッコーの巣の上で」とタクシー。

タクシー★雑感ノート 本・映画 世の中・人

【お知らせ】たまに「空車なう」「つぶやき+」などをTwitterで投稿してます(↓フォローボタン)。

f:id:ooedotaxi:20160625080044j:plain

(はじめての方はこちらもご覧ください)

     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

カッコーの巣の上で」という映画

を思い出した。1970年代のアメリカ映画だ。主人公は"狂人役"がトレードマークの名優ジャック・ニコルソン

この映画の冒頭シーンで、こんなのを思い出したのだ。

 

精神病院長:

「転がる石にコケは生えない」という言葉を知っているか?

刑を逃れ仮病で入院してきた主人公:

知ってるさ。「一ヶ所に落ちつかず動いている人間は、何も身につかない」ってことだろ?

 

たしか中1で習った有名な諺だが、この諺の解釈には他にもう一つある。

 

調べると、上記はイギリス版の解釈。もう一つが次のアメリカ版の解釈で、

「活発に動いている人間は、時代に取り残されずいつまでも古くならない」

というもの。


映画のシーンはおそらく、主人公と医者の心理戦。「あんたはこう答えさせたいんだろ?」ということだったか、と。

 

つまり、物事をどう捉えるか、の話を書こうと思ったわけだが、


カッコーの巣の上で」は、20代で観た映画で、すっかり忘れていたのに、こうして思い出せるくらいだから、けっこう衝撃をうけたシーンだったわけだ。

 

ここまでは枕話、、、さて本題。

多くのタクドラの勤務は、一か月に11-13回出勤するというスタイル。

 

わたし大江戸は、月に11-13回の出勤を

「通勤も半分。朝礼も半分。気楽でいい」

と思うが、

 

ある人は

「倍の速度を生きるから、寿命も半分になる。あー嫌だ」

などと言う、、、

 

なんでー? 

年寄りもたくさんいるじゃん?と思う。

 

これはつまり、モノの見方、価値観の違い。タイプによると思う。

 

  • 孤独癖と見る? 独立心と見る?
  • 自分への興味? 単に自分勝手?

 

こんなような、感じ方や適性の問題である。

 

  • 個人スポーツ好き? チームスポーツ好き?
  • 自分のホビー? サークル活動?
  • チーマー? 一匹狼?

 

、、、みたいなこと。


わたし大江戸は、何故か、個人技よりチームワークの方が高尚だと思ってきたフシがある。

 

だけど、それは自分が思っていたのだろうか、、、

何かの刷り込みなんじゃねーの?

ということ。

 

最近は、若い頃の考えというのは、経験を重ねてきて思ったわけじゃなく、情報元への信頼というあやふやさが多かったように思う。

 

曲がりなりにも生きてくると、良くも悪くもそういう刷り込みに付き合えなくなってくる。で、どんどん自分勝手に、頑固に、、、言い換えれば、自分らしく、しっかりしてくる、とも言える。

 

余談だが、最近は、

どうやら女の好みについても、白黒、〇×がハッキリしてきたみたいで、、、

、、、どうやらわたし大江戸は、

ツンデレ&ミニスカ&メガネ萌え

らしい。これは刷り込みではないようだ。

 

以前は「そういうのはオタクの趣味。オレの趣味じゃない」と思ってきたが、それも単に刷り込みによる偏見だった。

 

良いものは良い。人間素直さが財産である、、、、いや待てよ? ミニスカにはこだわりはない。それも気の迷いだ。ロングスカートも嫌いじゃないのだから訂正しておこう。ツンデレ&メガネ萌えだ。  _φ( ̄ー ̄ )

 

Youtube壇蜜

壇蜜は頭もいい。刷り込まれていない。ちなみにメガネ萌え系でもある。

 

 

、、、ブログが怪しくなってきた。雑感だからまぁいいか ^^;

 

話を戻すとタクシードライバーは、

たとえばゴールデンウィーク、いつ連休をとろうが、個人ワークだから自由。

 

価値観の異なる人たちからは「日雇いに近い仕事?」とか言われるだろうか? 否々、ネガティヴに囚われるな、、、そっちじゃねーよ、である。

 

タクシードライバーは個人ワーク。素の自分でいられる点は悪くない。自己管理できる人にとって自由は都合がいい。

 

やりたい事や考えたい事はたくさんある。空車時のタクシーは干渉されない書斎のようでもある。さらにスマホもある。タクシーはやりたいことが多めにできる仕事かもしれない。

 

楽じゃないが、嫌いにならない。あとは収入と支出の問題、なのだ。 

 

今回の「大江戸たくどら日記」、、、完。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♫ 勝手にエンディング曲 m(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

百聞は一見に如かず。

 

by 大江戸巧氏(おおえどたくし)

 

↓更新以外にもたまにつぶやきます。

↓記事が少しでも気に入り、ポチッポチッと押していただければありがたいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

↑ランキング上昇はブロガーの励みです。

 

広告を非表示にする

スポンサーリンク