大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

東京の某中堅タクシー会社に50代で転職した仕事を楽しんでる側=タクシー向きドライバーのブログ。

【昨日のヘェ~】大げさな天気予報に街の商売は大迷惑。どうにかならんのか?

タクシー★車内のつぶやき

台風が来て夏も終わり。朝晩は涼しくなり、秋らしくなってきた。

 

f:id:ooedotaxi:20160718112237j:plain

 

(はじめての方はこの記事から)

 

タクシードライバーは、フロントガラス越しに外を眺める

"半分アウトドア"みたいなスタイル。大都会東京を走りまわるとはいえ、年間を通じて自然と触れ合う仕事。

 

天気予報にも敏感で、

 

たとえば、

 

今週から天気予報は「雨マーク」が続くが、去年の9月もかなり雨が多かったことなども、昨日のことのように経験として思い出す。

 

タクシー車内ではお客さんとよく天気の話にもなるが、そんな話をしてみても、

 

「、、、え? そうでしたっけ?」

 

と、去年の天気など覚えていないのがフツーの感覚といった様子から、そんな風に感じるのだ。

 

タクシードライバーが去年の天気を覚えているのは、たぶん、天気と売上の関係が、ひとつのセットで記憶されているからで、漁師に似たところもあるから。

 

しかし、どうも、近年の気象庁の、というか、マスコミの天気予報には過剰なものが多い気がする。

 

大げさな方が視聴率は上がるのか!?

 

報道側としては、責任上、アナウンスしておきます、と。リスクや責任やクレイムに過剰に反応する最近の風潮がある。それは多くの人が感じていることだろう。

 

たとえば、

 

「この夏は、猛暑で死人がたくさん出るって、NASAが言ってた」

 

とか、なんとか言っていた。よく知らないが、結果はそんな大げさなことだったのか?

 

先日の台風なんかも、明けてみると、結果論ではあるが、東京への影響は大したことがなくて、良かったのはたしかなのだが、

 

お客さんの来店を待つ「街の商売」の側からみたら、大げさな予報があるとお客さんの足が街から遠のくわけで、ホールドアップである。

 

タクシーはまだいい。

 

駅などに移動もできるから多少の工夫はできる。だが、普通のお店の商売は街に人が来てくれないとどうにもならない。

 

過剰な予報に街の商売は泣かされるのだ。

 

で、そんな話題は何もしなかったかのように、テレビはエンタメ番組で盛り上がって、謝罪の一言もない、、、報道の自由。謝罪などしないのは当たり前、とはいえ、

 

人生 幸朗・生恵 幸子(じんせい こうろ・いくえ さちこ)の漫才の気分になる。

 

「責任者、出てこ~い!」と。

 

 

f:id:ooedotaxi:20160625080047j:plain

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♫ 勝手にエンディング曲 m(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by 大江戸巧氏(おおえどたくし)

 

↓更新以外にもたまにつぶやきます。

↓記事が少しでも気に入り、ポチッポチッと押していただければありがたいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

↑ランキング上昇はブロガーの励みです。

 

広告を非表示にする

スポンサーリンク