大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

東京の某中堅タクシー会社に50代で転職した仕事を楽しんでる側=タクシー向きドライバーのブログ。

【昨日のヘェ~】秋の東京タクシードライブ、下町の風情、下町ソウルフードB級グルメ。

東京もすっかり秋らしくなり、秋祭りもちらほら。祭りは下町文化である。

 

f:id:ooedotaxi:20160718112237j:plain

 

(はじめての方はこの記事から)

 

都市には下町と山の手があり、東京タクシードライバーはどちらも営業範囲である。

 

わたし大江戸は、目黒生まれで世田谷育ちのいわゆる山の手の東京人だが、幼少を過ごした目黒は先の大戦で焼け残ったところだからか下町風情もあった。

 

駄菓子屋があり、夕方はおでんの屋台が来たり、豆腐屋が豆腐を売りに来て、映画になった「三丁目の夕日」みたいな感じの場所だった。

 

 

昭和チック。ノスタルジー。昭和30年代は東京中があんな感じの風情だったのだろう。

 

今も、タクシー車内でいわゆる東京の下町の人とじっくり話すと、山の手文化圏との違いを感じることがある。

 

先日乗ったお客さんとの話もそんな話だった。

 

上野から葛飾区へ帰宅の40代?女性客。

 

「、、、わたしはずっとこっち(葛飾区)なんです。地元以外はあんまり縁がなくって、、、えー?、これって世田谷の車なんですか? ずいぶん遠くの車ですね、、、わたし世田谷って行ったことないし、目黒も行ったことないですよ。どうですか?あっちって、、、」

 

「、、、わたしのまわりは、そうですねー、就職も中央区台東区、千代田区が多いかなー。こっちの会社は、今も「釣りバカ日誌」みたいな感じで地味ですよ、、、」

 

 

「、、、この辺ですか?、葛飾といえば柴又の寅さん、亀有派出所のリョウさんね(^-^)。ボクシングの亀田一家が引っ越してきたところ。亀田のジムがあったのはこのすぐ左手。今は亀田さんはどこなんですか?、、、バッシングにあったんでしたっけ? あんときは亀田の次男が歩いてすぐの所にある内藤選手(チャンピオン)のジムに謝りに行ったとか、聞きましたよ」

 

 

そういえば、、、南千住あたりにある「泪橋」も「あしたのジョー」の舞台、ジョーとおっちゃんのボクシングジムがあった場所。

 

 

這い上がる、昭和チック、ノスタルジー、人情。下町はそんなイメージだ。

 

f:id:ooedotaxi:20160625080047j:plain

 

下町B級グルメも2連発しとこう。

 

タクシードライバーは下町の安くて旨い店のテイクアウトも簡単に食べれる職業だ。

 

先日も下町ソウルフードを食べたのでブログねたにしておきます。

  

まずは、

 

品川区の青物横丁にある下町の激安の寿司屋「嫁ずし」。

 

近くに行くと買って食べる。ランチにおすすめはマグロ、イカ、サーモンの「三色丼」で430円。旨い! コスパ高い!

 

f:id:ooedotaxi:20161009191450j:image f:id:ooedotaxi:20161009191529j:image

 

笑顔のいい下町のおばあちゃんたちがやってる。写真を撮ってブログに載せてもいい?と聞いたら、照れて店の奥に引っ込んでしまった。何故「嫁ずし」かは未確認。

 

つぎは、

 

江東区月島のスーパー「フジマート」。

 

f:id:ooedotaxi:20161009191622j:image

 

ここのお惣菜は味つけが絶妙。特に煮物。御飯と煮物や惣菜を買ってたまに食べる。旨い! 下町のお袋の味。

 

 

今回の「大江戸たくどら日記」は以上です。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♫ 勝手にエンディング曲 m(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by 大江戸巧氏(おおえどたくし)

 

 

↓更新以外にもたまにつぶやきます。

↓記事が少しでも気に入り、ポチッポチッと押していただければありがたいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

↑ランキング上昇はブロガーの励みです。

 

広告を非表示にする

スポンサーリンク