大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

東京の某中堅タクシー会社に50代で転職した仕事を楽しんでる側=タクシー向きドライバーのブログ。

【タクシー昨日のへェ~】資産家が篤志家になる理由が少しわかった気がした件。

先週は安倍首相が訪米してトランプ次期大統領に会ったり、報道のラジオニュースも面白かったが、タクシー後部座席のお客さんの話もなかなかおもしろかった。

 

f:id:ooedotaxi:20160625080044j:plain

 

(はじめての方はこの記事から)

 

夜の六本木でタクシーに手をあげたのは男性二人。

話の内容からすると、一人は年配の芸人さん?で、もう一人はビジネススーツがよく似合う、そういった芸能事にも関係する、それにしては?きちんとした印象の会社員風のお客さんで、礼儀正しいけれど、言葉一つひとつハートの暖かい感じがする人柄だった。

 

二人のお客さんの会話を、聞いていると、

 

ご縁があって、、

 

あの方の思いが、、、

 

おかげ様で、、、

 

あんたが絵を描いてくれたから、あの人に恩を返せたんだよ、、、

 

あの人の最後を飾る花道にするには、、、

 

文章にしても伝わりにくいが、口先だけじゃない、ハートがある言葉とでもいうのだろうか、心が暖かい感じがする、仕事を通して心意気のようなものを感じる話、

 

詳しくは書けないが、男どおしのいい話だった。

 

しばらくして、芸人さん風の方のお客さんが降りて、スーツの方のお客さんはそのまま乗っていくということで、少し車内で会話する機会となった。

 

スーツの方のお客さん曰わく、

「、、、うちの会社は九州の〇〇(都市名)で、代々資産家の家がやってる会社なんですよね。いろんなことしてますけど、わたしは地元に劇場や美術館をつくったり、そういう関係のお手伝いをさせてもらってます。落語家の〇〇さんや、〇〇の〇〇さんを呼んだり、、、したり、、、したり、、、。そんな風に、地元に落語や芸能を根づかせる仕事をお手伝いさせてもらってます、、、」

 

「さっきの〇〇さんとは、もう長年お付き合いさせてもらっているんですが、あの方は芸も凄いですけど、人間的にもとても素晴らしい考えのある方で、、、今度引退されて、、、あの方のされてきた仕事も次世代に継承していかなきゃいけませんから、、、」

 

「、、、仕事してて思うのは、アメリカなんかは現役の時は所得税がやたらと高いんですけど、相続税がほとんどかからないみたいなんです。だから、個人が財産を残しやすい国みたいなんですよね、、、」

 

「かたや日本は、国土が狭いからなんでしょうか、資産は公に返す、そういう国の形みたいで、、、税というのは面白いもんですね。成功者が公のためになるお金の使い方をすると公が良くなっていく、そういう仕組みになってて、、、」

 

「日本の税は、現役でお金を回してる時には人生を楽しんでいいよという風です。だから活発になるし、節税もしやすい。でも最期は公に返してね、と、そういう仕組みだから、成功者は美術館つくったり、地域の役に立つ何かを残りたりして死んでいくことになる、そういう風に進化した国みたいで、、、」

 

30-40分の距離だったがあっという間。

 

だいぶ前に読んだ司馬遼太郎さんの「この国のかたち」を思い出した。本で読んだ内容はあまり覚えていないが、見聞きして書いたことは忘れないから面白いもんだ。

 

たまに面白い話を聞いて「へぇ~」と思うのもタクシードライバーの仕事の魅力だろうと思うわけです。  

 

 

今回の「大江戸たくどら日記」、、、完。

 

f:id:ooedotaxi:20160718112237j:plain

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♫ 勝手にエンディング曲 m(__)m

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

by 大江戸巧氏(おおえどたくし)

 

 

↓更新以外にもたまにつぶやきます。

↓記事が少しでも気に入り、ポチッポチッと押していただければありがたいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ

↑ランキング上昇はブロガーの励みです。

 

広告を非表示にする

スポンサーリンク